目が悪くなると、メガネかコンタクトレンズをつけないといけませんが、どっちがより目に悪いのでしょうか? 結論からいうと、コンタクトレンズの方が目に悪いでしょう。 なぜ、コンタクトレンズが目に悪いのかというと、目への負担が大きいからです。 コンタクトレンズをするということは、目に異物を入れるということになりますよね。 そうすると、目が傷ついてしまったり、目が乾燥してしまいます。 そして、その結果、ドライアイなどの目の病気にかかってしまう可能性があるのです。 また、しっかりと手入れをしないと、ばい菌が目の中で増殖してしまい、炎症を起こす場合もあります。 その場合には、結膜炎といった目の病気を引き起こすこともあるでしょう。 そのため、目の安全面を考慮するのであれば、コンタクトレンズよりもメガネの方がいいですね。 メガネであれば、目を傷つけることもないので、目の病気になることもありません。 ただし、度数の合わないメガネをつけていると、視力がますます低下してしまう危険がありますから、きちんと自分に合うものを装着するようにしましょう。